メルペイの使い方は?本人登録とは?メルカリユーザーは使うべし

節約術
スポンサーリンク

今、本人登録すると1000ポイントもらえるメルペイ!

メルカリはしているのに、メルペイの本人登録はしていませんでした。

でも!

来月から消費税は上がり、キャッシュレス決済で買い物をすると最大5%のポイント還元があります。この機会に、メルペイを使って電子決済を使ってみたいという気持ちがむくむくと湧いてきて、ついにメルペイの本人登録を済ませました!

そして、サンドラッグでメルペイでもらったポイントで買い物をしてみました。

使ってみた感想は、

メルペイ、めっちゃいい!!

です!本人登録も簡単で、お店での使い方もとっても簡単!

メルカリユーザーなら絶対にメルペイは使った方がいいです!

スポンサーリンク

メルペイで本人確認をするメリットは?

・メルペイでメルカリの売上金がそのままメルペイ残高になる

・メルカリの売上金の申請期限がなくなる

・キャンペーンに参加できるようになる

メルペイの本人確認をしていないと、メルカリの売上金をメルペイで使おうと思ったら、わざわざ売上金をメルペイ残高に変えないといけません。面倒ですよね~(^^;

でも、本人確認をしてしまえば、売上金をそのまま使うことができます。

メルカリの売上金の申請期限は180日です。振込手数料が200円かかるので、売上金をためてから振り込み申請をするという方も多いですよね・・・そしてそのまま忘れる・・・という心配も本人確認をしておけば、自分のタイミングで売上金の振込申請ができます。

過去にあった「まるっと半額キャンペーン」のようなキャンペーンに参加できるようになります。これから、どんなキャンペーンがあるかはわかりませんが、本人確認をしておけば参加したいと思うキャンペーンが来た時に、すぐに参加することができますよね!

2019年8月30日~10月3日23:59までは、友達招待キャンペーン中で本人登録するだけで1000ポイントもらえます!

私の招待コードで良ければどうぞ→YDBFVU

本人確認をしておくデメリットは、特にないみたいなのでとりあえず本人登録だけでもしておく方が絶対にお得です!

もらったポイントは、コンビニなどでも使うことができますよ~

メルペイで本人確認に必要なモノ

かんたん本人確認の場合

・運転免許証

・在留カード

メルペイのかんたん本人確認では、運転免許証がないと本人登録することができません。家族全員で招待しあってポイントをもらおうと思っていましたが、高校生の子供は免許証がないので本人確認できないことが分かり撃沈・・・・Ω\ζ°)チーン

しかし、メルペイにはもう一つ本人確認の方法があります。

銀行の口座登録をして本人確認の場合

・本人名義の銀行口座の通帳

・キャッシュカード

運転免許証がなくても本人確認をすることができます。かんたん本人確認は、認証されるまでの時間がかかります。

写真不鮮明などの理由で、本人確認ができなかったという声もあるので、銀行口座の登録をするのが本人確認はてっとり早いですね。

しかし、ここでも問題が!

高校生の子供の本人名義の銀行口座が必要です。それはいいのですが、使える銀行が少ないです。ゆうちょ銀行が使えません。地方銀行でも使えないものもありますし、信用金庫もダメですね。

うちは子供名義の口座はゆうちょ銀行だったので、高校生の子供の本人確認はあきらめました・・・。

本人確認の方法

かんたん本人登録の方法

私は、実際に9月9日に申請をして、利用できるようになったのは9月12日でした。途中で、ただいま申請が込み合っていて時間がかかりますというメールも来ました。かんたん本人確認が混みあっているようなので、早めに登録しておくことをおすすめします。

メルカリのアプリがない方はこちらからダウンロードし会員登録をしてください。

メルカリ

招待コードを入力すれしてからメルカリに登録すれば、300ポイントがもらえます!私の招待コードで良ければどうぞ→YDBFVU

  1. メルカリのアプリを起動
  2. 画面の下の方にあるメルペイをタップします。
  3. キャンペーンをタップ
  4. 招待されると・・・の水色の方をタップ
  5. メルペイ招待コードを入力(私ので良ければどうぞ→YDBFVU
  6. 本人確認へ進むをタップ
  7. 本人確認書類の選択(運転免許証か在留カード)
  8. これからの流れを確認し、同意する
  9. さあ始めましょうをタップ
  10. 本人確認書類を手にもって写真撮影をします。本人確認書類の「表」「裏」「厚み」の3種類を撮影します。途中で、まばたきをしてとか笑ってとか、首を傾けてなどの指示があるので指示通りに撮影を続けます。
  11. 写真撮影が終わったら氏名・住所などの本人情報を入力します。
  12. 最後にパスコードを入力します。指紋認証を使いますかと聞かれるので、指紋認証を使いたい場合はOKをタップします。
  13. 申し込み完了です。確認完了までしばらくお待ちくださいと出るのでOKをタップします。

以上で、かんたん本人確認は完了です。手続きが終わるのを待ちましょう。

手続きが完了すると、メルカリからメールが届きます。

メルペイを開き、メルカリの売上金がメルペイ残高になっていれば、メルペイを使えるようになっていますよ!

銀行口座を使った本人確認の方法

  1. メルカリのアプリを開き、画面下の方にあるメルペイをタップ
  2. 銀行口座の登録で売上金の申請期限がなくなる!という緑の部分をタップ
  3. 銀行口座の選択画面で選びたい銀行名をタップ
  4. 選んだ銀行のサイトに行くので必要事項を入力
  5. パスコードの設定をして登録完了

これで、銀行口座の登録は完了です。銀行口座の登録をすると本人確認も同時に終わるので、かんたん本人登録よりも早く終わります。すぐにメルペイを使いたいという方にはおすすめです。

メルペイの本人確認が終わると、キャンペーンの1000ポイントが付与されます!

わーい\(^o^)/

それでは、早速もらったポイントで買い物をしてみようと思います!

今回私がポイントを使ったのは、ドラッグストアのサンドラッグ!

使い方はすっごく簡単でした!

メルペイが使える場所

まずは、メルペイが使える場所について紹介します。

メルペイは電子マネーのiDでの支払いに対応のお店と、メルペイコード払いに対応のお店、一部のネットショップで使えます。

メルペイiD決済ができる店舗

コンビニ

セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・ミニストップ・セイコーマート

スーパー

イオン

ドラッグストア

ウエルシア・サンドラッグ・スギ薬局・ココカラファイン・クスリのアオキ

飲食店

マクドナルド・牛角・しゃぶしゃぶ温野菜・かっぱ寿司・プロント

その他、iD決済ができる店舗

メルペイコード決済ができる店舗

実店舗

ローソン・ミニストップ・Japantaxi・松屋・クスリのアオキ・Vdrug・カラオケビッグエコー

ネットショップ

ショップリスト

メルペイはiDが使える店舗なら、どこでも使うことができます。

メルペイのコード決済ができる店舗は少ないイメージですが、iD決済が使える店舗はすごく多いです。上記で紹介したマークのある店舗では、メルペイで支払うことができますよ。

今後も続々と追加予定のようなので、対応店舗が増えることを期待しましょう!

メルペイの使い方

もらったポイントで買い物をするためにまずは、電子マネーカードを作成する必要があります。iPhoneならApplepay、androidならおサイフケータイ対応の端末であることを確認してください。

iPhoneの場合の電子マネーカードの作成方法

私はiPhoneを使用しているので、iPhoneの場合を紹介します。

  1. メルカリのアプリを開き、メルペイをタップ
  2. 売上金・ポイントをお店で使うをタップ
  3. 次へから設定を始めるをタップ
  4. 設定した電話番号にショーメッセージが送られてくるのでその数字を入力
  5. 電子マネーの情報をiPhoneに追加しますの画面が出たら、電子マネーの情報を追加をタップ
  6. Applepayにカードを追加画面で次へをタップ
  7. メルペイ利用規約を確認し、同意する
  8. メルペイ電子マネーがウォレットアプリに追加されます

これで、お店でメルペイが使用できるようになりました!

お店でメルペイを使用する方法(iD決済)

メルペイ残高がない場合お店の支払いでメルペイを利用するには、ポイントを購入するか銀行口座からチャージする方法があります。今回、私はキャンペーンでもらった1000ポイントがあるので、どちらも必要ありません。

ポイントを購入する際は、1ポイント=1円です。購入したポイントは365日の有効期限があり、払い戻しもできません。手数料は無料です。

ポイントとメルペイ残高両方がある場合は、ポイントから先に消化されていきます。

  1. レジの支払いの時に支払い方法は、コード決済ができる店舗では「メルペイで!」iD決済の店舗では「アイディーで!」と言います。私は、今回サンドラッグで買い物をしたので、コード決済で良かったのですが、初めてだったので思わず「アイディーで!」と言ってしまいました・・・。
  2. メルカリのアプリの中のメルペイを開く
  3. 電子マネー(iD)で支払うをタップ
  4. すると電子マネーカードが画面上に現れるので、パスコードまたは指紋認証をするとリーダーにかざしてくださいと出てくるので、リーダーにスマホをかざす
  5. 音が鳴ると支払い完了です

使ったすぐ後に、支払いがありましたという通知メールが届きました!

メルペイコード決済ができる店舗はまだまだ少ないので、iD決済の方が使いやすいかもしれません。

メルペイコード決済の方法

メルペイコード決済ができる店舗はまだ少ないですが、LINEpayとの業務提携により使える店舗は拡大しています。

  1. メルカリのアプリの中のメルペイを開く
  2. コード払いをタップ
  3. パルコードの確認画面が出るのでパスコードを入力(または指紋認証)
  4. バーコードを店員さんに読み込んでもらうと支払い完了

簡単ですよね!

メルペイ残高の他の使い方

ios版の場合のみ、モバイルスイカにチャージすることができます。もちろん、メルカリ内の購入にも使うことができます。振込申請をして、銀行口座に振り込んでもらうことも可能ですが、振込手数料が200円かかります。

交通費にも使えるメルペイ残高は、銀行に振込するよりもそのまま使う方がお得です。

まとめ

今回初めて電子マネーを使いました。

メルペイを使った感想は、「かんたーん!」でした。

これまで、メルカリで売り上げがあってもすぐに振込はまとめてすることが多く、細かい売り上げが多いとなかなか振込できないのが不便でした。

しかし、これからは200円の売り上げとかでもすぐに現金と同じように使うことができます。これは本当にうれしいです!

メルペイが使えるようになったことで、メルカリにもまた出品しようかなという気持ちになりました!消費税増税後は、キャッシュレス決済は、ますますお得になります!

メルペイ、とりあえず登録しておいて損はありません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました