2019年10月消費税は10%に!増税後はポイント還元でお得に

ニュース
スポンサーリンク

2019年10月1日から消費税は増税され、これまで8%だった消費税は10%に増税されます。消費税が増税されると、単純にいろんなものが高くなるよなぁと思いますよね。

しかし、ポイント還元事業をうまく使えば、消費税が10%どころか減税になるんじゃないかということにもなります。

家計簿ニガテ主婦
家計簿ニガテ主婦

ポイント還元事業って聞いたことがあるけど

いったい何ですか?

かーこ
かーこ

政府が消費税増税後に導入する

キャッシュレス決済を使うとポイント還元されるお得な制度よ!

この記事では、消費税増税後に始まるポイント還元事業についてまとめてみました。

スポンサーリンク

ポイント還元事業って何?

ポイント還元事業とは正確には、キャッシュレス・ポイント還元事業(キャッシュレス・消費者還元事業)と言います。

キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性の向上や消費者利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9か月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。

出展:経済産業省 ウエブサイト

つまり増税後9ヵ月間、2020年7月の東京五輪前までの期限付きで導入される中小・小規模事業者の店舗で買い物をする時に、キャッシュレス(クレジットカードなど)で決済をすると最大5%ポイントで還元しますという事業になります。

ポイント還元の対象となる中小店舗は一般に資本金5000万円以下で、小売店なら従業員が50人以下、飲食店や宿泊施設なら従業員が100人以下の店が目安となります。

商品には10%の消費税がつきますが、対象店舗では最大5%ポイントで還元されるので、実質消費税は5%です。しかも、軽減税率の対象となっている食料品なども5%還元されます。

これはかなりお得になりますよね!

還元率は?

ポイントの還元率は3種類あります。5%・2%・還元なしです。

ポイント 還元率対象店舗
5% 中小企業や個人が経営する小売、飲食、宿泊など
2% コンビニ、外食、ガソリンスタンドなどのフランチャイズチェーン
還元なし 上記以外の店舗、大手スーパー、百貨店など

キャッシュレス決済って?

使えるキャッシュ決済は次の通りです。代表的なものを挙げてみました。

クレジットカード

VISA・Mastercard・JCB・AMERICANEXPRESS・Diners Club

電子マネー・プリペイドカード

交通系電子マネー(Suica(JR東日本)/PASMO(関東の私鉄・バス会社)/ICOCA(JR西日本)/PiTaPa(スルッとKANSAI)/SUGOCA(JR九州)/nimoca(西日本鉄道の子会社))nanaco・WAON・楽天Edy・iD・QUICPayなど

スマートフォン(QRコード)

・LINE Pay・PayPay・Origami Pay・楽天ペイ・d払い・auPAY・メルペイ・J-Coin Pay・&Payなど

デビットカード

J-Debit、りそな銀行、みずほ銀行、イオン銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行など

その他にも、種類はたくさんあります。自分が使っているキャッシュレス決済方法がポイント還元事業の対象なのかは、以下のキャッシュレス・消費者還元事業のホームページで確認することができます。

ポイント還元に除外の商品はある?

ポイント還元事業には、除外の商品もあります。

換金性の高い商品や金融商品、車、住宅、医療機関や学校などのもともと非課税のもの、代金収納サービス、代金引換サービスなどは除外になります。

換金性の高い商品とは、商品券や切手などです。

商品券を金券ショップで購入して、5%のポイント還元を受けすぐに売り、また商品券を購入し、5%のポイント還元を受けるを繰り返すと永遠にポイントを受け取ることができます。そのようなことがないように、商品券などの金券は除外の項目に入っています。

車や住宅は別途支援の対象になっているため、5%のポイント還元は適用されません。

対象店舗は?

対象店舗がどこなのかを探すのが難しいですが、対象店舗は以下のマークが目印です。

※5%対象店

出典:経済産業省ウェブサイト
出典:経済産業省ウエブサイト

さらに、9月中旬には、対象店舗を検索できる地図アプリが公開予定のようです。

地図アプリが公開されました!

これで対象店舗の検索が簡単になりますね!地図アプリのダウンロードはこちら

アプリで検索できるようになると、対象店舗に迷うことはなくなりそうですね。

楽天市場やYahoo!ショッピング、AmazonなどのECサイトの中にも対象店舗はあるようです。

購入する時に注意して店舗に上記のマークがついているかを確認しましょう。

ポイントが即時還元されるサービスも!?

大手コンビニや一部のクレジットカード会社ではポイントが即時還元されます。

即時還元とは、購入する時にすぐにポイント分を値引きされるということです。

クレジットカードでは、カード会社からの請求時に還元額が差し引かれます。すぐに値引きがある方が、後からポイントで還元されるよりもお得な感じがしますね。

即時還元される店舗・事業者(2019年9月14日現在)

還元率2% コンビニ(セブンイレブン・ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、セイコーマート)
還元率5% ・Amazonマーケットプレイス
・クレジットカード大手5社
(JCB、三井住友カード、クレディセゾン、UCカード、三菱UFJニコス)

そのほか、一部スーパーでの即時還元を実施する計画があるようです。

10月までに続々と発表されるのではないでしょうか。近所のスーパーが即時還元してくれないかなぁと思います!

まとめ

2019年10月から引き上げられる消費税。

消費者としては、社会のためとはいえ家計に直接ダメージが来るので、辛いものです。政府のポイント還元事業は、正直言ってややこしい!

もうやめたいと途中で何度も思いました・・・。

しかし、せっかくお得になる制度、使って損はないですよね。

思い切りフル活用して、消費税の増税を乗り切りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました