消費税の軽減税率とは?2019年10月1日消費税は10%に!主婦必見です!

ニュース
スポンサーリンク

2019年10月1日より、消費税は10%に増税します。

しかし、全てが10%になるのではなく、8%に据え置きされる商品もあるんです。

同じお店の中でも8%の商品と10%の商品が混在するというややこしいことになってしまいます。

2%の違いとはいえ、1円でも安いものを買いたい主婦にとっては重要です!

毎日テレビなどでも放送されていますが、一度きっちりと確認したいと思い、毎日の買い物の時のためにぜひ覚えておきたい軽減税率の品目についてまとめてみました。

ちなみに消費税増税とともにスタートした、中小企業でのキャッシュレス決済をした時のポイント還元事業はとてもお得!要チェックです!

スポンサーリンク

消費税増税に伴う軽減税率とは?

2019年10月1日から導入される消費税増税に対する経過措置です。

今回の消費税増税で、ほとんどの商品は10%に増税されますが、飲食料品や新聞は8%に据え置きされます。

基本的に、人間が最低限必要な飲食に関することは税率8%に据え置きと覚えておけばいいですよね。ただし、外食は最低限必要とは限らないので税率は10%になります。

消費税の軽減税率はいつまで適用される?

2019年10月にスタートする軽減税率ですが、終了時期については未定です。

軽減税率の導入は経過措置ということですが、国税庁はいつまで、どのような社会情勢になるまでという明確なことについては言及していません。

いつまで軽減税率が適用されるのかについては全く知りませんでした。

期間は決まってないんですね。

軽減税率対象商品

出典:政府広報

(タップで拡大)

これに加えて、週に2回以上発行される新聞の定期購読は8%の軽減税率が適用されます。

8%?10%?いったいどっち?と迷うもの

水道水は10%です。

これは、水道水は飲むだけではなくお風呂やトイレ、洗い物など飲むこと以外にも使うからだそうです。一番人間の基本のような気もするんですが、水道水が10%とは不思議です。

みりん・料理酒は10%だけど、ノンアルコールビール・甘酒・みりん風調味料は8%(アルコール分1%未満のもの)。みりんや料理酒は酒税法上の酒類にあたるので10%が適用されます。

氷は、飲料用は8%保冷用は10%。氷も食べられるものは8%になります。食べられない保冷専用の氷やドライアイスは10%になります。

テイクアウト・出前は8%、ウーバーイーツは出前になるので、消費税は8%です。

しかし、屋台や出張料理は10%になります。

学校給食や有料老人ホームでの食事は8%ですが、社員食堂や学生食堂は10%になります。

ホテルや旅館にある冷蔵庫の飲み物や食べ物は8%ですが、ルームサービスは10%です。

果物狩りで持ち帰りの果物は8%ですが、その場で食べる場合は10%になります。

週2回以上発行される定期購読の新聞は8%ですが、電子版の新聞やコンビニなどで販売される新聞は10%です。

栄養ドリンクは「医薬品」「医薬部外品」に該当しないものは食品とみなされ8%です。

レッドブル・モンスター・タフマンV・アミノバリュー・メガシャキ・オロナミンC・ロックスター・SHARK・デカビタCなど。

・「医薬品」「医薬部外品」に該当する栄養ドリンクは10%です。

ユンケル・リポビタンD・ゼナジンジャー・チオビタドリンク・アリナミン・リゲイン・グロモントなど

映画館の売店で買うポップコーンはどっち?

映画館の売店で購入する食べ物や飲み物は単に飲食品を販売しているだけなので、8%になります。

しかし、映画館が食事スペースとして提供したスペースで食べたり、映画館の座席で食べるように個別で注文を取ったり、予約をすると10%の税率が適用されます。

食事をするスペースの提供があるのかどうかがポイントのようですね。

コンビニのイートインは、8%?

コンビニのイートインは、コンビニが食事するスペースを提供しているので10%が適用されます。

コンビニのイートインは便利ですが、それだけで外のベンチで食べるよりも2%も税率が上がると思うと使うのを考えてしまいますね。

コンビニではキャッシュレス決済をすると即時2%還元されます。

そのためキャッシュレス決済をすると、イートインや一般の10%の税率のものは8%に、軽減税率の8%が適用されるものは6%になり、4種類の税率が混在することになります

遊園地内の売店とレストランは?

遊園地内では、食事の場所が提供されない売店の場合は軽減税率の8%が適用されますが、レストランなどで食事をする場合は外食とみなされ10%になります。

例えば先の売店でも売店が飲食の場として提供するベンチで食べた場合は外食扱いとなり、10%の税率が適用されます。

あーややこしい!

おもちゃのおまけつきお菓子は?

またこれもややこしいです。

全体の金額が1万円以下でお菓子の部分が金額の2/3を占める場合は8%、お菓子部分が金額2/3に満たないもの、つまりおまけのおもちゃの方が金額が高いものは10%になります。

でも、これって消費者が見ただけじゃわからないですよね。

あー、よくあるプラモデルなのにラムネが1個ついてるだけでスーパーのお菓子コーナに並んでいるあれですね。あれは10%ですね。

買って買って攻撃の子供との格闘がますます激化しそうです。

企業によって対応が違う!?飲食店の対応は?

テイクアウトと店内飲食を同料金にする企業

例えば、ケンタッキーではオリジナルチキンの本体価格を店内飲食の場合227円、持ち帰りの場合は231円にしてどちらも税込み価格は250円にするという方針です。

他には、牛丼チェーンの松屋、すきや、サイゼリヤ、フレッシュネスバーガー、なか卯、松乃屋も税込み価格で統一する方針です。

マクドナルドでは、店内で飲食もテイクアウトも同一料金にするという発表がありました。そのかわりに、ハンバーガーやチーズバーガーなどの3割ほどの商品を10円値上げするということです。しかし、バリューセットやバリューランチなどの金額は増税前と変わらない値段設定になっています。

これはうれしい!

消費者にとっては、同一価格になると迷わなくていいですね。

本体価格を一定にし税率を変える企業

スターバックスでは店内価格とテイクアウトの料金は別になります。

メニューは本体表示のみで、精算時に店内飲食か持ち帰りかを聞き、税率を変えるようです。持ち帰りのお客さんが店内のいすを利用していないかの確認はしないそうです!

これは、倫理観が問われそうですよね。持ち帰りと言って店内で食べる人が増えるような世の中になってほしくないですね~。

他に店内飲食と持ち帰りの料金が変わる店は、牛丼チェーンの吉野家、ハンバーガーのモスバーガー、ロッテリア、かつや、ココ壱番屋、スシロー、はま寿司、くら寿司、かっぱ寿司、ドトールコーヒー、タリーズコーヒーなどが本体価格で統一し、税率を変える方針です。

価格が違うと、持って帰って食べようか?と思う機会が増えそうです。おうちで外食が増えそうな予感です。

まとめ

2019年10月から導入される消費税10%。それに伴う経過措置として軽減税率が導入されます。

スーパーで買い物をする時は、消費税を含んだ金額を考えながら買い物をしないといけませんね。

表示価格のまま買い物をしたら、思ったより金額が高かったということにもなりそうです。

スーパーでの買い物が脳トレになりそうだなと感じてしまいました。

いろいろとややこしい軽減税率ですが、この記事を参考にうまく買い物をしてみてくださいね!

ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
かーこをフォローする
よくばり主婦の節約したいけど楽しみたい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました