クラウドワークスで主婦は稼ぐことができるのか?稼ぐコツは?

在宅ワーク
スポンサーリンク

私はクラウドワークスに登録して、もうすぐ半年です。

クラウドワークスに登録して、2カ月の5月には報酬が2万円を突破し、6月には3万円を突破そのままキープしています。

クラウドワークスの評判を見ていると、

「ブラックだ!」

「稼げない!」

という評判も多く、クラウドワークスに登録していることを躊躇しているんじゃないでしょうか?

しかし、実際に仕事をしている私は断言します。

クラウドワークスは主婦でも稼ぐことができます!

この記事では、私が実際に稼いでいる方法と、クラウドワークスで稼ぐコツについて紹介します。

\クラウドワークスの登録はこちらから/

スポンサーリンク

何の仕事がおすすめ?

私は、何も特技がありません。

私が最初に応募したのは、データ入力の仕事でした。

データ入力は、何も考えないで入力するだけでいいので簡単かなと思い、やってみましたが・・・・・全然稼げませんでした。

私が請け負ったデータ入力の単価は、1件当たり5円とか6円程度でした。1件には100文字は打たないといけません。誤字脱字はもちろんだめです。すごくタイピングの能力が高く、すごい速さで打てる方ならもしかしたら稼ぐことができるのかもしれません。

しかし、私は普通の主婦。

とにかく時間がかかり、1時間頑張ってもやっと30円程度でした。

家計簿ニガテ主婦
 

や、安いっ・・・・

この調子じゃ、稼ぐのは無理だと思い、区切りのいいところでデータ入力の仕事はやめました。

私がおすすめする仕事は、ライティングです!

ライティングの仕事は、WEBライターとしてネットに載せる記事を書く仕事です。

私も始めて応募する時は、自分に記事が書けるのかなと不安でした。初めて仕事をさせてもらったクライアントの方は、初心者の私にとても親切で丁寧にいろいろと教えてもらえました。しかも、ほめ上手!

すっかり調子に乗った私は、記事が書ける!と自信をつけてもらえました。

しかもデータ入力は、ひたすらデータを打ち込むだけですが、WEBライターなら、記事を書けば書くほど自分のスキルとして身についていきます。

私は、クラウドワークスのおかげで学んだことがたくさんあります。

実際にいくらくらい稼げるの?

私がクラウドワークスで稼いでいる金額は、月に3万円ほどです。

私が仕事をしている時間は、平日3~4日程度で1日に4~5時間くらいです。

用事があるときは仕事はしませんし、休みたい時は休むことができます。夜中の作業もしていません。

作業時間に対して金額が少ないので、ブラック!と言われる理由なのかもしれません。しかし、私はまだまだ初心者なので、作業時間が多くなってしまっていますが、作業時間の短縮ができるようになるとさらに効率は上がります。

それに、小さい子供がいても安心で、自分の好きな時間に通勤時間ゼロで仕事ができることは、何よりもメリットだと思います!なかなか、家から出ることができない専業主婦の方にはおすすめです!

ライティングで効率よく稼ぐ方法は?

プロジェクトに応募する

クラウドワークスのライティング案件には、タスク形式とプロジェクト形式があります。

タスク案件は応募の必要もなく、仕事がしたいと思ったらすぐに始めることができることがメリットですが、クライアントに承認されないと報酬をもらうことはできません。

わからないことがあってもクライアントに質問することもできません。

非承認になってしまうと、タスク作業に使った時間は無駄になってしまいます。

しかも、非承認の理由を教えてもらうことはできないので、次に活かすことがでずモヤモヤしてしまいます。そして、単発の案件が多くその都度マニュアルを確認したりする時間がかかります。

その点、プロジェクト形式なら、仕事に応募して採用される必要はありますが採用されたら、わからないことはクライアントに質問することもできますし、記事に不備があった場合は報酬はなしということはなく、修正依頼が来ます。

契約して記事を納品すれば、報酬は必ず受け取ることができます。

どの点を修正するのかということも具体的に教えてもらえるので、次に活かすこともできます。長期の案件なら、記事のマニュアルも覚えてしまうので、時間の短縮ができます。

文字単価の高い案件をねらう

やはり1番いいのは文字単価の高い案件に応募することです。

文字単価の高い案件は経験者のみの応募ということも多く、初心者にはハードルが高いと思うかもしれません。最初は、初心者歓迎の文字単価の低い案件からスタートし、少し慣れてきたら文字単価を上げるという方法でもいいですね!

私は、最初は1文字0.2円(1500文字の記事なら300円)からスタートしましたが、今は文字単価1円(1500文字の記事なら1500円)の仕事を中心にしています。調子が良ければ、1500文字の記事なら1時間程度で書くことができます。

1時間で1500円稼ぐことができるなら、ブラックとは言えないですよね!

家計簿ニガテ主婦
 

これならいいかも!

長期案件に応募する

長期でお付き合いのできそうなクライアントがおすすめです。

プロジェクト形式でも1記事とか10記事などの単発の案件もありますが、絶対におすすめは長期の案件です。

ライティングの仕事と言っても、書く記事によってマニュアルは様々です。

例えば、です・ます調でとか最初の導入部分は200文字以内とか、漢字の使い方が細かく決まっている場合もあります。

記事を請け負うと最初に時間がかかるのがマニュアルのチェックです。長期案件を請け負うことができると、このマニュアルを読む時間がかからなくなり、作業効率が上がります。

構成が決まっている案件はおすすめ

案件に応募する時に内容をよくチェックしてみてください。構成は決まっているので余計なことを考える必要はありませんという案件があります。

記事の構成とは、タイトルや見出しのことで、これが決まっていると構成にしたがって文章を考えるだけなので、記事の作成が効率よく進みます。

構成作業は、記事作成の中でも一番時間がかかると言ってもいい内容で、構成によって記事の良し悪しも決まるほどです。構成をしなくてもいい案件があれば応募してみることをおすすめします。

調べることが少ない内容の案件

例えば、自分がとてもよく知っている内容で調べることが少ないと、記事を書く時間は格段に上がります。

記事を作成する中で構成の次に時間がかかるのが調べる作業です。この調べる時間を短くすることが作業の効率を上げるポイントです。自分の得意分野やよく知っていることに関する記事作成の案件は、逃さないようにしましょう!

\クラウドワークス登録はこちらから/

クラウドワークスのプロジェクト形式で採用されるには?

プロフィールは充実させよう

どんな人かわからない人には仕事は頼みにくいですよね。

クラウドワークスには最初にプロフィールを登録します。履歴書のようなものですね。できるだけプロフィールは充実させるようにしましょう。

本人確認を済ませると公開ページに本人確認済と記載されるようになり、採用率が上がります。

本人確認は、スマホで運転免許証などの住所がわかる書類の写真を撮り、パソコンで送るだけなので簡単ですよ。

自分の実績として記事を添付しよう

応募する時には過去の実績を聞かれることが良くあります。

応募する時に、自分の記事を添付すると採用率が一気に上がります。

一度も記事を書いたことがないという場合は、サンプル記事を書いてみてもいいかもしれません。

テーマは自分の得意なことでかまいません。なるべく人が悩んでいることに対しての答えになるような記事がおすすめです。記事の書き方は、ネットで調べるとたくさん出てくるので調べて書いてみましょう!

注意点は、一度納品した記事は、自分のものではなくクライアントのものになります。もしも、応募する時に使いたい場合はクライアントの了承を得るようにしましょう。

知っておくといいことは?

Googleアカウントを聞かれることはよくあります。

これは、Googleドライブなどでマニュアルを共有したり、Googleドライブに記事を納品したりするための場合が多いです。

私は、プライベートのアカウントを使うことに抵抗があったので、仕事用のアカウントを新たに作りました。

連絡ツールとして、チャットワークは使えますかと聞かれることも多いです。

チャットワークは、とても簡単にパソコンにインストールできます。スマホアプリもあります。ニックネームを決めることもできるので、チャットワークを使う案件に出会ったら、登録してみましょう。

私もクラウドワークスで初めてチャットワークの存在を知りましたが、簡単に使うことができましたよ。

まとめ

クラウドワークスは、月2万円くらいならすぐに稼ぐことができるようになります。

私は、登録して2カ月で月2万円を達成しました。

実は、私がクラウドワークスを始めた時の目標額が月2万円でした。クラウドワークスを始めて2カ月で目標は達成することができたことになります。

さらにうれしいことに、6月には月3万円を達成し、キープしています。

しかし、もっと稼ぎたいと思っている方も多いですよね?

そんな時は、今回の記事を参考にしてプロジェクト形式の長期案件に応募してみてください。記事作成の効率を上げることができれば、もっと稼ぐことができるはずです!

\クラウドワークスの登録はこちらから/

コメント

タイトルとURLをコピーしました